キーペアファイルのバックアップ方法について

Solution ID:    SO23490    Updated:    11/12/2013

Problem

サーバIDを申請するためにCSRを生成しました。キーペアファイルのバックアップ方法について教えてください。

Solution

サーバID申請の際には、ウェブサーバアプリケーション上でキーペア (秘密鍵・公開鍵) とCSRを生成し、このうちCSRをオンライン申請の際に提出しています。
このCSRの中には、作成されたキーペアのうち、公開鍵の情報が含まれています。
サーバIDは、申請時に提出されたCSRを元に証明書を作成し、発行しています。

発行されるサーバIDは、オンライン申請の際のCSRを生成した元となるキーペアに対してのみ、インストールが可能です。異なる情報のキーペアには、発行されたサーバIDをインストールすることができません。
このため、サーバトラブルなどに備え、作成されたキーペアファイルのバックアップは必ず取っておく必要があります。

バックアップが必要となるファイルの種類やバックアップの方法は、ご利用のウェブサーバアプリケーションにより異なります。アプリケーションの仕様を確認してください。

一般的なウェブサーバアプリケーションを利用している場合には、以下を確認してください。
※ 詳細については、各アプリケーションの開発元に確認してください。

アプリケーション バックアップ方法
Microsoft IIS 5.0
Microsoft IIS 6.0
Microsoft IIS 7.0
発行されたサーバIDをインストールするまでは、キーペア単体のバックアップが取れない仕様です。発行されたサーバIDをインストールするまでの間は、保留中の要求を削除したり、サイトに変更を加えないよう充分注意してください。
サーバIDインストール後に、(*.pfx)ファイル(キーペアとIDをまとめて管理しているファイル)を別メディアに保存します。
以下の手順を確認してください

Microsoft IIS 5.0 キーペア(秘密鍵と証明書)のバックアップ

Microsoft IIS 6.0 キーペア(秘密鍵と証明書)のバックアップ

Microsoft IIS 7.0/7.5 キーペア(秘密鍵と証明書)のバックアップ

Apache CSR生成の際に指定した秘密鍵ファイルを、別メディアに保存します (ファイル名・拡張子は任意で指定可能)。
以下の手順を確認してください

秘密鍵のバックアップ

IBM WebSphere Application Server 7.0 + IBM HTTP Server 7.0 以下の手順を確認してください

サーバ ID とキーペアファイルのバックアップ

Oracle WebLogic Server 11g
以下の手順を確認してください

サーバ ID とキーペアファイルのバックアップ

Sun One Web Server 6.1
以下の手順を確認してください

サーバ ID とキーペアファイルのバックアップ

Disclaimer:

本情報の使用条件は次を参照してください。 利用規約

Find Answers