【更新申請】マネージドPKI for SSL サーバID申請手順

Solution ID:    SO23492    Updated:    08/24/2017

Solution

重要

  • サーバID申請用ページのURLは、契約認証局ごとに異なります。事前にマネージドPKI for SSL管理者にURLを確認してください。
  • 申請情報の入力項目や画面の表示は管理者によるカスタマイズが可能なため、以下の例とは一部異なる場合があります。

Step1: サーバID申請ページへのアクセスと更新対象の特定

  1. サーバID申請用ページ(以下 ユーザサービスページ)へアクセスし、「更新、再発行、または失効する証明書の検索」をクリックします。
    例:https://certmanager.websecurity.symantec.com/mcelp/enroll/index?<認証局毎に異なる値> 

     
  2. 更新対象のサーバIDを検索する画面が表示されます。


    電子メールアドレスかコモンネームで対象のサーバIDを検索します。証明書のステータスを指定することで、検索対象を絞り込むことができます。
     
  3. 検索結果が表示されます。
    コモンネーム、有効期間などの情報から更新対象のサーバIDを特定し、対象サーバIDのコモンネームのリンク部分をクリックします。

  4. 選択したサーバIDの詳細画面が表示されます。
    内容を確認の上、問題なければ[更新]をクリックします。

    ※[更新]ボタンが表示されていない場合は、以下のような理由が考えられます。
    • 証明書の有効期限の89日前から更新申請が可能となりますが、対象の証明書は更新時期を迎えていない。更新時期を待ってから申請を行ってください。
    • 認証局の設定により更新を予定している製品の申請が許可されていない。管理者にご相談ください。
      (許可されていない場合は申請用ページの新規申請のプルダウンメニューに製品名が表示されていません)

     
  5. 証明書の種類の選択とチャレンジフレーズを入力する画面が表示されます。
    更新対象のサーバIDを取得した際に指定したチャレンジフレーズを入力し、[次へ]をクリックします。

    ※[製品の選択]が表示されない場合は、認証局の設定により更新時の製品の変更が許可されて下りません。
    ※チャレンジフレーズがわからない場合は、[チャレンジフレーズを入力せずに次へ進む]をクリックします。
    入力しない場合は、サーバ証明書の申請画面に前回申請時に入力した情報が入力補助されません。
    チャレンジフレーズとは

 

Step2: 更新申請情報の入力

表示された申請情報の入力画面に、サーバID更新に必要な申請情報を入力します。
申請情報の入力方法は、新規申請手順のStep2: 申請情報の入力 を参照してください。

Disclaimer:

本情報の使用条件は次を参照してください。 利用規約

Find Answers