サーバIDインストール後バックアップを取る必要のあるファイルについて

Solution ID:    SO23592    Updated:    11/12/2013

Problem

サーバIDをインストールして運営しているウェブサーバをリプレイスします。事前にバックアップを取っておく必要があるのはどのファイルでしょうか

Solution

取得したサーバIDを新しいサーバ環境で引き続き使用するには、事前にバックアップを取ったキーペアファイル(秘密鍵とサーバID)を、新しい環境にインポートして利用することになります。
サーバトラブルなどに備え、キーペアファイルのバックアップは必ず取ってください。

バックアップが必要となるファイルの種類や方法は、ご利用のウェブサーバアプリケーションにより異なります。
ウェブサーバによっては、キーペアとサーバIDを1つにまとめて管理するもの、サーバIDをインストールしてからでないとバックアップが取れないものなどがあります。各アプリケーションの仕様を確認してください。

一般的なウェブサーバアプリケーションでのバックアップ方法は、下表を確認してください。

アプリケーション バックアップ方法
Microsoft IIS 5.0
Microsoft IIS 6.0
Microsoft IIS 7.0
発行されたサーバIDをインストールするまでは、キーペア単体のバックアップが取れない仕様です。発行されたサーバIDをインストールするまでの間は、保留中の要求を削除したり、サイトに変更を加えないよう充分注意してください。
サーバIDインストール後に、(*.pfx)ファイル(キーペアとIDをまとめて管理しているファイル)を別メディアに保存します。
以下の手順を確認してください

Microsoft IIS 5.0 キーペア(秘密鍵と証明書)のバックアップ

Microsoft IIS 6.0 キーペア(秘密鍵と証明書)のバックアップ

Microsoft IIS 7.0/7.5 キーペア(秘密鍵と証明書)のバックアップ

Apache CSR生成の際に指定した秘密鍵ファイルを、別メディアに保存します (ファイル名・拡張子は任意で指定可能)。
以下の手順を確認してください

秘密鍵のバックアップ

IBM WebSphere Application Server 7.0 + IBM HTTP Server 7.0 以下の手順を確認してください

サーバ ID とキーペアファイルのバックアップ

Oracle WebLogic Server 11g 以下の手順を確認してください

サーバ ID とキーペアファイルのバックアップ

Sun One Web Server 6.1 以下の手順を確認してください

サーバ ID とキーペアファイルのバックアップ



バックアップしたファイルを別のサーバ環境へ移行(エクスポート/インポート)する場合には、以下のFAQを確認してください。 

取得したサーバIDを別のサーバに移行できますか

アプリケーションの仕様や移行手順、互換性の有無などについては、アプリケーションに付属マニュアルや開発元へ確認してください

Disclaimer:

本情報の使用条件は次を参照してください。 利用規約

Find Answers