Internet Explorer以外のブラウザで接続すると、警告が表示されます

Solution ID:    SO23816    Updated:    03/13/2014

Problem

Internet Explorerからの接続に問題はありませんが、Internet Explorer以外のブラウザからサーバIDを導入したサイトに接続すると、以下の様なセキュリティの警告が表示されます。

Firefox Webサイトが未知の認証局により認証されていま
Opera 証明書の署名者がみつかりませんでした
Netscape Netscape は、証明書に署名した発行人を認識できません
[サイト名] の識別情報を信頼済みサイトとして検証することができません

Solution

ウェブサーバに中間CA証明書がインストールされていない可能性があります。
弊社のサーバIDは、中間認証局を含む 3段階もしくは4段階の階層で証明書を検証する構造になっています。
取得したサーバIDをウェブサーバにインストールする際には、中間認証局の証明書(中間CA証明書)もあわせてインストールする必要があります。
以下のFAQを確認してください。

中間CAの証明書はなぜ必要なのでしょうか
 

一部環境の Internet Explorer は、自動的に必要な中間CA証明書をダウンロードする機能を持っています。
このため、Internet Explorerの環境によっては中間CA証明書がインストールされていなくても警告が表示されないことがあります。
中間CA証明書は、必ずウェブサーバにインストールしてください。

携帯端末からの接続エラーについては、以下のFAQを確認してください。

携帯端末でSSL通信をすると「この接続先は安全でない可能性があります」と表示されます

Disclaimer:

本情報の使用条件は次を参照してください。 利用規約

Find Answers