CSR生成時の注意点について - EV SSL証明書

Solution ID:    SO23307    Updated:    11/30/2017

Problem

EV SSL証明書の申請用CSRを生成します。入力する情報についての注意点を教えてください。

Solution

本解決策の内容は 、DigiCertでの認証が開始される 2017年12月1日以降、更新される可能性があります。

EV SSL証明書のCSR生成時に入力する情報は、一般法人と公共団体で一部異なります。下表を確認してください。

法人の場合

コモンネーム (Common Name)

EV SSL証明書を導入するサイトの FQDN を入力します。
  例1) https://sample.symantec.com/... ⇒ sample.symantec.com
  例2) https://www.symantec.com/...⇒ www.symantec.com

組織名 (Organization)

「日本語」、「英語」、「ローマ字」いずれかの表記を選択できます。

  • 日本語(マルチバイト)表記の組織名
    日本語表記の組織名を指定する場合は、登記上の団体名を正確に入力します。
     
  • 英語、ローマ字表記の組織名
    規定の方法で公式に確認できる団体名表記を指定する必要があります。詳細は、以下のFAQを確認してください。
    SO23308 - [EV]CSRに指定する組織名(Organization) について

部門名 (Organizational Unit)

部門・部署名など任意の識別名称を入力します。
Division , Department , Project など、内部組織名であることが判別できる単位名を指定してください。

  例) Web Sales Department

  • 申請団体名以外の組織名、団体名、 商号、商標 またはそれらに近似している文字列 および 個人名は指定できません。
  • ドメイン名、ウェブサイトのアドレス、URL、IPアドレス、旧社名は指定できません。
  • # & などの記号は利用できません。利用可能な記号は、 - . および半角スペースです。
  • 半角英数字 および 記号を1文字のみで指定することはできません。

市区町村 (Locality)

都道府県の一階層下の市区町村郡名までを入力します

都道府県 (State or Province)

都道府県名を入力します

※ 発行されるEV SSL証明書の Subject Locality ならびに State には認証済みの申請団体の住所情報が上書きされて発行されます。

国 (Country)

JP  と入力します(指定文字列)。

 

公共団体の場合

コモンネーム (Common Name)

EV SSL証明書を導入するサイトの FQDN を入力します。
  例1) https://sample.symantec.com/... ⇒ sample.symantec.com
  例2) https://www.symantec.com/...⇒ www.symantec.com

組織名 (Organization)

  • 日本語(マルチバイト)表記の組織名
    日本語表記の組織名を指定する場合は、職員録に記載された団体名を正確に入力します。
     
  • 英語、ローマ字表記の組織名
    英語 または ローマ字表記の組織名を指定する場合は、その表記を表明する「意見書」を確認書類として提出してください。
    意見書で表明する英語組織名をCSRに正確に入力します。SO23325 - 意見書について
      例) Symantec Inc.

部門名 (Organizational Unit)

部門・部署名など任意の識別名称を入力します。
Division , Department , Project など、内部組織名であることが判別できる単位名を指定してください。

  例) Web Sales Department

  • 申請団体名以外の組織名、団体名、 商号、商標 またはそれらに近似している文字列 および 個人名は指定できません。
  • ドメイン名、ウェブサイトのアドレス、URL、IPアドレス、旧社名は指定できません。
  • # & などの記号は利用できません。利用可能な記号は、 - . および半角スペースです。
  • 半角英数字1文字のみもしくは記号1文字のみの内容は指定できません。

市区町村 (Locality)

都道府県の一階層下の市区町村郡名までを入力します

都道府県 (State or Province)

都道府県名を入力します

※ 発行されるEV SSL証明書の Subject Locality ならびに State には認証済みの申請団体の住所情報が上書きされて発行されます。

国 (Country)

JP  と入力します(指定文字列)。

 

その他注意事項

  • 組織名(Organization)には、アポストロフィー(')、アンパサント(&)、シャープ(#)、アンダースコア(_)などの記号を利用できません。(&)は(and)に置き換えてください。
  • 組織名(Organization)に屋号を指定する場合は、屋号表記の後に括弧書きで正式団体名を入力する必要があります。ただし、屋号は商標登録されている必要があります。
  • CSR生成の際は、公開鍵の鍵長として2048bitを指定してください。
  • 組織名(Organization)に日本語を指定する場合は、必ず文字コード UTF-8 で指定してください。また、日本語を指定できるのは、組織名(Organization)項目のみです。
  • 公共団体で EV SSL証明書 の取得を検討されている場合は、以下FAQ を確認してください。
    SO23326 - 公共団体がEV SSL証明書を申請する場合の手続きについて

 

Disclaimer:

本情報の使用条件は次を参照してください。 利用規約

Find Answers