HDE Controller CSR生成手順

Solution ID:    SO23399    Updated:    07/31/2014

Problem

HDE Controller CSR生成手順

Solution

必ずお読みください

  • 本文書の内容によって生じた結果の影響について、弊社では一切の責任を負いかねますこと予めご了承ください。
  • 本文書は基本的な構成を想定しています。お客様のシステム環境や構成、設定状況などにより、手順や画面表示が変わることがあります。アプリケーション及びツールごとの仕様及び設定手順等のご不明な点は、製品のマニュアルをお読みいただくか、開発元にご確認ください。


本手順書では、以下バージョンの HDE Controller でのCSR生成手順を説明しています。

  6.1 Professional Editoin、6.1 LG Edition、6.1 ISP Edition
  X Pro、X LG

HDE Controllerの設定・仕様については、株式会社HDEに確認してください。

Step 1:SSL鍵設定 と CSRの作成

  1. HDE Controllerにログインし、「インターネット」メニューの「セキュアWeb」アイコンを選択します。
     


     

  2. 「鍵と証明書設定」メニューの [SSL鍵設定] タブをクリックし、必要な情報を入力します。

    • 【国名】 半角大文字で JP と入力
    • 【都道府県名】 都道府県名をローマ字表記で入力
    • 【市区町村名】 市区町村名(都道府県の1つ下のレベル)をローマ字表記で入力します(例:Chuo-Ku)。
    • 【組織名】 サーバID申請団体の 正式英語組織名 (会社名・団体名)を入力
    • 【部署名】 部門名・部署名など、任意の判別文字列を入力(※申請団体名以外の組織名、団体名、 商号、商標 またはそれらに近似している文字列は指定できません)
    • 【サーバ名とドメイン名】CommonName(サーバIDを導入するサイトのFQDN)を入力
    • 【Email address】 任意のEメールアドレスを入力

       


     

    *の6項目がCSRに表示される情報(ディスティングイッシュネーム)です。
    各項目の入力要領は、以下のFAQを確認してください。

    EV SSL証明書を申請されるお客様へ

    上記の例は、SSLサーバ証明書(サーバID)申請用 CSR のディスティングイッシュネーム登録例です。

    「EV SSL証明書」申請用 CSR については、必ず以下 FAQ を事前に確認してください。

    日本語組織名を指定する場合は、必ず以下 FAQ を事前に確認してください。

  3. 新規の場合、更新の場合、いずれも「新しいSSL秘密鍵/公開鍵のペアと、証明書を作り直します。」のラジオボタンを選択し、「設定する」ボタンをクリックします。
    ※鍵長は2,048bitで生成してください。
     

Step 2:CSRのダウンロード

  1. [SSL鍵/証明書/CSRダウンロード] タブをクリックし、「CSR(証明書署名要求)」の「ダウンロード」ボタンをクリックします。
     


     

  2. ダウンロードしたファイル内の(-----BEGIN NEW CERTIFICATE REQUEST----)から(----- END NEW CERTIFICATE REQUEST-----)までがCSRです。

    サーバIDを申請する際に、申請画面に貼り付けてください。

Step 3:秘密鍵のバックアップ

ハードウェア障害などに備え、秘密鍵ファイルをバックアップしておきます。
 

[SSL鍵/証明書/CSRダウンロード] タブ内の「秘密鍵」の「ダウンロード」ボタンをクリックし、ダウンロードしたファイルを保管してください。

 

お客様の秘密鍵について

  • 秘密鍵は、セキュリティ上最も大切な情報です。秘密鍵が漏洩した場合、暗号化の安全性が失われます。
  • 秘密鍵ファイルをEメールに添付して送信したり、共有のドライブで保存するなどの行為は絶対にお止めください。
  • 当社がお客様の秘密鍵情報を受け取ることは絶対にありません。
  • 秘密鍵は必ずハードディスク以外のメディアにもバックアップを取り、厳重管理してください。
  • 設定したパスワードを忘れないように十分注意してください。

     

Disclaimer:

本情報の使用条件は次を参照してください。 利用規約

Find Answers