User Portalサイトからの証明書失効方法

Solution ID:    SO25490    Updated:    07/09/2015

Problem

このページではUser Portalサイトからの証明書失効手続き方法を案内しています。

この手続きが必要なケースは証明書の危殆化により証明書を再発行した上で、再発行元の証明書を失効する場合です。

証明書自体が不要となった場合は、以下の失効の手続きを行ってください。

SO22912 証明書の「失効」手続きについて

 

Solution

 
  1. User Portal にアクセスします。
    https://products.websecurity.symantec.com/orders/orderinformation/authentication.do

     
  2. 以下の画面が表示されるので必要な情報を入力します。
    ※「コモンネームまたはオーダーID」、「技術担当者のメールアドレス」、「画像の数字」


     
  3. 以下の画面が表示されるので、有効期限から失効する証明書を確認し、右の「Request Access」ボタンをクリックします。
    ※再発行をするとリクエスト番号は新しいものが発番されますが、 Order ID は共通です。


     
  4. 以下のようなワンタイムURLが手順2で指定した技術担当者のメールアドレスに送付されます。
    メール内のワンタイムURLにアクセスすると、User Portal の設定画面が表示されます。

     
     
  5. User Portal 画面が表示されたら、 [ Revoke Certificate ] をクリックします。

    User Portalへログイン直後のページに表示されている [ Cancel Order ] ボタンはクリックしないでください。誤ってクリックした場合、全ての証明書が失効されてしまいます。



     
  6. 有効期限開始日(Certificate Start Date)を確認し、失効する証明書にチェックを入れて [ 承認します ] ボタンをクリックすると失効されます。

    ・このボタンを押すと証明書は直ちに失効されます。失効対象の証明書であるか十分確認してください。
    ・ボタンは一度だけ押下してください。

    ・有効期限開始日が同日で判別できない場合は、「Details」をクリックしてシリアル番号で判別してください。

    SO25504 - 証明書のシリアル番号の確認方法




     

Disclaimer:

本情報の使用条件は次を参照してください。 利用規約

Find Answers