証明書を「再発行」できますか

Solution ID:    SO22888    Updated:    09/01/2016

Problem

取得済みの証明書を再発行できますか。
 

Solution

証明書の有効期間内であれば、以下の手順で無償で6回まで再発行が可能です。
再発行される証明書には、初回発行時と同日の有効期間終了日が設定されます。
 

ご注意ください

サーバアプリケーションによっては初回申請時に使用したCSRと同じCSRで再発行を行った場合、インストールできないものがあるようです。
再発行時にCSRを作り直す必要があるかについて不明な場合は、事前にサーバアプリケーションベンダへ確認してください。

 

 

■再発行申請手順

  1. 申請時のユーザIDでストアフロントにログインします。
     
     
  2. ストアフロントTOP画面に表示されている申請履歴一覧から、再発行する申請情報の行をクリックして選択します。
    ステータスに「発行済」と表示されていることを確認します。

     
  3. 選択した申請の詳細情報が、画面下のエリアに表示されます。リクエスト番号で対象を確認のうえ、「再発行」ボタンをクリックします。

     

     
  4. 「再発行申請」画面が表示されます。

    「CSR貼り付け」枠内に新しいCSRを貼り付け「次へ」をクリックします。
     
    • 差し換えるCSRのディスティングイッシュネームの情報は、初回申請時に提出したCSRと正確に一致する必要があります。コモンネームや組織名、部門名などの情報(ディスティングイッシュネーム)は変更できません。
    • 2016年1月1日以降RSA SHA-1は取得できません。
       
     

     
  5. 「再発行申請確認」画面が表示されます。確認のうえ再発行する場合は「この内容で再発行する」ボタンをクリックします。


     

ご注意ください

  • 再発行申請の後、証明書が再発行されるまで1~2営業日ほどかかることがあります。
  • ディスティングイッシュネームやその他の申請情報を変更する場合は、「失効」申請により証明書を失効させた後で再度申請をし直す必要があります。失効申請の手順は以下のFAQを確認してください。
    SO22912 - 証明書の「失効」手続きについて
  • 再発行をしても、現在ご利用中のサーバIDが失効されることはありませんが、ライセンスポリシー上ご利用いただけなくなりますので、ご注意ください。
  • 再発行では、基本的に責任者への電話連絡などの認証 は行われません。
  • -2019エラーが出る場合はCSRの鍵長が1024bitである可能性があります。2048bitで作り直してください。
    CSR内容の確認はこちらで行えます。
    Check your CSR
  • 技術担当者を変更している場合は、再発行の通知メールが届かないことがあります。以下のサイトの内容を確認してください。
    SO25089-再発行申請をしましたが、サーバIDのメールが届きません。

     

 

 

Disclaimer:

本情報の使用条件は次を参照してください。 利用規約

Knowledge Center