ドメイン名使用権確認について(Baseline Requirement)

Solution ID:    SO23241
Version:    6.0
Published:    09/12/2013
Updated:    05/08/2015

Solution

WHOISに掲載されている所有者名とサーバIDの申請団体名が一致しない場合、以下の方法でドメイン名(サブドメイン含むコモンネーム単位、またはドメイン名単位)の使用権確認を行います。
弊社より使用権確認のメール連絡がある旨、事前に関係担当者への説明をお願いします。

使用権確認メールについての詳細は、SO23250 - 使用権確認メールの件名・内容を確認してください。

※WHOISの所有者情報が最新でない場合、情報更新が完了してから確認を実施します。必ず最新情報に更新をお願いします。
※WHOISの所有者情報が旧社名で登録されている場合、情報更新が完了してから確認を実施します。必ず最新の社名に更新をお願いします。
※WHOISに所有者名が掲載されていない場合、情報開示書による所有者情報確認が必要になります。

 

[確認方法1] WHOIS掲載のメールアドレス宛 Eメールによる使用権確認

 

 

 

  1. 弊社にて、WHOISに掲載されている連絡先Eメールアドレス(登録者:Registrant、管理担当者:Administrative、技術担当者:Technical 等)を確認します。

    【送信先例①】 属性型 JPドメイン
    「登録担当者」「技術連絡担当者」の情報画面(リンク先)に掲載されているEメールアドレス宛てにEメールを送信します。

    【送信先例②】 汎用型 JPドメイン
    「公開連絡窓口」に掲載されているEメールアドレス宛てにEメールを送信します。

     

    【送信先例③】 gTLDドメイン
    Registrant/Admin/Technical 等の担当者連絡先として掲載されているEメールアドレス宛てにEメールを送信します。
    ドメインの種類や登録団体、登録状況により情報の表示方法が異なります。

  2. 確認したEメールアドレス宛に、弊社担当者からドメイン名の使用権を確認するEメールを送信します。

    【送信メール例】

    件名 ドメイン名(example.co.jp)使用権確認のお願い
    TO: WHOIS掲載のメールアドレス
    FROM: as-help@jp.websecurity.symantec.com

    【本文イメージ】(例: ドメイン名の所有者=株式会社example , サーバID申請団体=ABC株式会社)

    ××××××××××××××××××××××
    ××××××<一部省略>×××××××
    ××××××××××××××××××××××

      □申請情報
       申請FQDN :www.example.co.jp
       申請団体名:ABC株式会社
       申請製品名:セキュア・サーバID 3年
       申請区分 :新規
       申請日  :2014/05/10

    以下二重破線で挟んだ部分を削除せずにご返信ください。
    また、ご返信をいただくドメイン所有団体ご担当者様のお名前(フルネーム)を
    追記いただき、 1.~3.のいずれかに○印を入れて
    使用権に関するご回答を
    返信くださいますようお願い致します。


    =====<ここから>===========
    ドメイン名:example.co.jp
    ドメイン名所有団体(所有者):株式会社example
    ドメイン名所有団体ご担当者様氏名: <<お名前>>

    上記ドメイン所有者(私)は、ABC株式会社に対し

      1.(  )example.co.jp の使用を許可します
      2.(  )www.example.co.jp に限り使用を許可します
      3.(  )example.co.jp の使用を許可しません

    本ドメイン名の使用許諾には、サーバ証明書申請団体が申請中のサーバ証明書の
    コモンネームとして本ドメイン名を使用する権利並びに証明書申請団体の製品
    及びサービスに関連して本ドメイン名を使用する権利が含まれていることを保証します。

    本許諾における保証・表明に違反したことにより貴社が損害を被った場合
    (これには第三者からの請求を含む)、これを補償することに同意します。

    弊社管理コード:SYM00000
    =====<ここまで>===========

    ××××××<一部省略>×××××××
    ××××××××××××××××××××××

  3. 弊社からのメールを受信された担当者様より、『ドメイン名所有者がサーバID申請団体にドメイン名の使用を許可する』旨の返信を得られた場合に確認完了となります。

[確認方法1]で使用権を確認できなかった場合、 [確認方法2] を実施します。

[確認方法2] "規定ホスト名 + @ドメイン名" 宛Eメールによる使用権確認

 

 

  1. 弊社より、ドメイン名の前に以下のホスト名@を付加した宛先に、ドメイン名の使用権を確認するEメールを送信します。

     

    【送信メール 例】 コモンネーム www.example.co.jp の場合
     
    件名 ドメイン名(example.co.jp)使用権確認のお願い
    TO: admin@example.co.jp
    CC: administrator@example.co.jp , webmaster@example.co.jp , hostmaster@example.co.jp , postmaster@example.co.jp
    FROM: as-help@jp.websecurity.symantec.com

    【本文イメージ】(例: ドメイン名の所有者=株式会社example , サーバID申請団体=ABC株式会社)

    ××××××××××××××××××××××
    ××××××<一部省略>×××××××
    ××××××××××××××××××××××

      □申請情報
       申請FQDN :www.example.co.jp
       申請団体名:ABC株式会社
       申請製品名:セキュア・サーバID 3年
       申請区分 :新規
       申請日  :2014/05/10

    以下二重破線で挟んだ部分を削除せずにご返信ください。
    また、ご返信をいただくドメイン所有団体ご担当者様のお名前(フルネーム)を
    追記いただき、 1.~3.のいずれかに○印を入れて
    使用権に関するご回答を
    返信くださいますようお願い致します。


    =====<ここから>===========
    ドメイン名:example.co.jp
    ドメイン名所有団体(所有者):株式会社example
    ドメイン名所有団体ご担当者様氏名: <<お名前>>

    上記ドメイン所有者(私)は、ABC株式会社に対し

      1.(  )example.co.jp の使用を許可します
      2.(  )www.example.co.jp に限り使用を許可します
      3.(  )example.co.jp の使用を許可しません

    本ドメイン名の使用許諾には、サーバ証明書申請団体が申請中のサーバ証明書の
    コモンネームとして本ドメイン名を使用する権利並びに証明書申請団体の製品
    及びサービスに関連して本ドメイン名を使用する権利が含まれていることを保証します。

    本許諾における保証・表明に違反したことにより貴社が損害を被った場合
    (これには第三者からの請求を含む)、これを補償することに同意します。

    弊社管理コード:SYM00000
    =====<ここまで>===========

    ××××××<一部省略>×××××××
    ××××××××××××××××××××××

  2. 弊社からのメールを受信された担当者様より、『ドメイン名所有者がサーバID申請団体にドメイン名の使用を許可する』旨の返信を得られた場合は確認完了となります。

 

[確認方法3] ドメイン管理者への電話による使用権確認

 

【連絡先電話番号確認例】

  1. 弊社にて、WHOISに掲載されている担当者情報(登録者:Registrant、管理担当者:Administrative、技術担当者:Technical 等)を確認します
  2. ドメイン所有団体所属の担当者であること、また連絡先電話番号が掲載されていることを確認できた場合に限り "[確認方法3] 電話による使用権確認" を実施します。
  3. 弊社より、掲載電話番号からドメイン所有団体所属のドメイン管理担当者様へ電話連絡をし、『ドメイン名所有者がサーバID申請団体にドメイン名の使用を許可する』旨の回答を得られた場合確認完了となります。

[確認方法3]の実施要件:
  ※WHOISに掲載されている担当者の団体名とドメイン所有団体名が同一であること
  ※且つ、連絡先電話番号が掲載されていること

[確認方法1]、[確認方法2]、[確認方法3]のどの方法でも確認できなかった場合は、弊社担当者より技術担当者へ状況報告の連絡をします。

メールでの回答が得られず、また[確認方法3] を実施できない場合は以下 [確認方法4] を実施します。

[確認方法4] ドメイン名所有者が提出する使用権許諾書類による確認

 

  1. 弊社にて、WHOISに掲載されているドメイン名所有者情報①を確認し、その連絡先を第三者データベース②で調べます。

  2. 確認できた連絡先に電話連絡③のうえ、使用権許諾書類の作成・提出④を依頼します。

  3. ドメイン名所有者より、規定を満たした書類を受領し、サーバID申請団体にドメイン名の使用権があることを確認します。

作成を依頼する使用権許諾書類の要件は以下のとおりです。
  ※弊社担当者がドメイン名所有者へ連絡のうえ作成と送付を依頼します。事前の送付はできません。
  ※ドメイン名所有者からの直接送付が必要なため、技術担当者が代わりに送付することはできませんのでご注意ください。

  • コモンネーム(FQDN)またはドメイン名が記載されていること
  • サーバID申請団体に使用権を認めることが明記されていること
  • 部長職相当以上の役職の方の署名があること
  • 作成日(証明書要求日以降の日付)の記載があること
  • ドメイン名所有者の団体名・住所・電話番号が記載された レターヘッド(※)に印刷されていること

(※)レターヘッドとは?
社名または社名を確認できるロゴ・住所・電話番号が印刷された便箋に必要事項を記載して作成してください。
専用の社用箋が無い場合は、紙面上部か下部に社名・住所・電話番号を挿入して作成のうえ印刷してください。

※確認した使用権許可情報は、ドメイン名の所有者とサーバID申請団体名に変更が無い限り39ヶ月間(EV SSL証明書は13ヶ月間)有効となります。

 

Disclaimer:

本情報の使用条件は次を参照してください。 利用規約

Knowledge Center